子供にタブレットで、大変なことに!!

更新が遅れに遅れて、気が付けば今日になっていました。

こんにちは

もう、去年の話になってしまいましたが、子供にタブレットを渡した話↓
https://tezukuriblog.com/blog/610

一年以上たってしまいましたが、続きを書きます。

昨年、コロナウイルスのため学校が休校になりました。
自宅で過ごす時間が増えるため、タブレットの使用頻度も多くなると思い、
50Gプランを申し込みました。
そしたら、50Gでも足らず、ギガの追加が必要になってしまいました。

詳しいことは忘れてしまったので、子供にタブレットを渡すまえからの、イオンモバイルの利用料金を書きたいと思います。

2019/01 3,258円
2019/02 3,082円
2019/03 3,330円
2019/04 3,389円
2019/05 4,080円
2019/06 3,396円
2019/07 3,332円 (7/27 機種変更端末代79,822円)
2019/08 4,797円 ←子供にタブレットを渡す
2019/09 8,104円
2019/10 3,364円
2019/11 5,514円
2019/12 6,864円

2020/01 5,738円
2020/02 6,494円
2020/03 5,896円
2020/04 8,336円
2020/05 7,975円
2020/06 13,995円 ←1万円突破!
2020/07 8,392円
2020/08 6,892円 ←楽天モバイル契約(事務手数料 3,303円)
2020/09 6,600円 ←LINE Out開始(LINE Out 240円)
2020/10 4,131円
2020/11 3,753円
2020/12 3,325円

2021/01 2,996円
2021/02 2,935円
2021/03 3,183円
2021/04 2,940円
2021/05 2,657円
2021/06 2,346円 ←シェアプラン解約
2021/07 2,346円
2021/08 2,325円
2021/09 2,474円

なんと、緊急事態宣言が出て、学校休校が長引いていた5月には、なんと1万円を突破してしまったのです。
これは、家計も緊急事態。
対策を考えていると、テレビから楽天モバイル1年間無料のCMが。

しかし、子供の住んでいるところは楽天エリアからほど遠い😢
auローミングエリアで使えるのは5Gまで。

これではとても足らない、、、
と思っていたのですが、よく読んでみると5G超過後は1Mbpsで使い放題とのこと。
これはADSLがでたころの速度と同等。
子供が使うのはYouTube視聴とswitch on-line。
これで十分そう。1年間0円なのでとりあえず試してみようと思いました。

イオンモバイルは低速時は最大200kbps。
これだと、switch on-lineの時に通信が途切れてしまうことがあるそうです。

早速、楽天モバイルに行きSIMを入手。
店頭で調べてもらったのですが、幸い子供のタブレットは対応機種でした。
よかった、よかった。

楽天モバイルの対応機種はこちらで調べられます↓
https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/certified-products/?l-id=gnavi_product_certified-products

その後、子供のタブレットのSIMを交換し、普段は低速モードで使用しています。
子供からはとくに問題なく使用できてるようで、
ソフトのダウンロードの時などに高速にしてと依頼が来るぐらいです。

最近では、毎月50G前後、夏休みは87Gも使用しいて、楽天にして良かったと思っています。

最後に気になるのは、楽天のauローミングの終了です。
子供の住んでいる地域は、ホームページの地図ではサービスエリア内になっているのですが、
楽天回線ではつながっていないです。

2026年3月末でローミングが終了になる予定なので、それまでにエリアをしっかり広げてもらいたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
コメントを頂けると、励みになります。



ただ今の血圧は、133/84
ちょっとたかめ

未分類

Posted by しん